2008年7月25日 (金)

フィルムカメラ

ふと気になって、ヨドバシカメラのWebサイトでフィルムカメラを見てみた。 オートフォーカス一眼レフは、もうF6とEOS-1Vしかなかった。 コンパクトカメラは事実上富士フイルムだけ。 いつの間にかこんな時代になっていたんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

BP-511A

Canon BP-511A バッテリーパック
キヤノン (2004/03/31)
売り上げランキング: 7025

どうやらEOS 10Dのバッテリーが寿命を迎えたようなので新調した。互換製品もあってそちらのほうがだいぶ安いのだが、キヤノンのBP-511Aにした。有楽町のビックカメラで7480円也。マニュアルによれば、長期間使わないときは使い切って、製品から取り外して低湿度30度以下で保存とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

色収差

 先日購入した HDR-HC3 の映りが気になるので、購入したヨドバシカメラマルチメディアAkibaに持っていって聞いてみた。「このビデオカメラ、ちょっと色収差が出ているような気がするんだけど」で、実際にTVにつなげて見せたら店員曰く「ちゃんと白いものは白く映ってますしねえ。特におかしいようには見えませんが……」

 白いものが白く映らなかったらそれは故障だ。どうもこの店員、色収差というものをわかっていないんじゃないかという気がした。 こーゆー人と押し問答してもしかたないので、さっさと別れを告げた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

HDR-HC3をW37P-H8000につなぐ

 W37P-H8000にiLinkでつないでみた。出力を自動にしておくと、何も写らない。 DVなりHDVなりを指定すれば、どちらもちゃんと写る。 HDVだと、さすがにDCR-TRV22で撮った絵に比べて10倍くらいきれいになる。ただ、ほかのHDVカメラを見たことないのだが、ちょっと絵が甘い。よく言えば滑らか、悪く言うと解像感が足りない。 HDMIだと、また違って見えるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HDR-HC3最初の感想

HDR-HC3 S デジタルHDビデオカメラレコーダー シルバー
ソニー (2006/03/03)
売り上げランキング: 25515

 ちょっと使ってみた感想では、まずファインダーがプア。あからさまに接眼レンズをけちって、周辺部に色収差が出ている。まあ所詮フレーミングの確認用だし、いまどきは液晶パネルを見て撮影する人がほとんどだろうから、やむをえまい。液晶パネルはまず文句の出ない美しさ。バックライトを消せるので、太陽光の下でもちゃんと見えそうである。

 スチルカメラとしてみた場合も、撮影レンズの性能がいまいち。最広角側でしか撮っていないが、これまた色収差を感じる絵である。やはりソニーのビデオカメラにまともなスチルカメラの機能を期待する方が間違っているのだろう。画素数は少なくても、 DSC-U30のほうがずっとまともに写る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

HDR-HC3購入

HDR-HC3 S デジタルHDビデオカメラレコーダー シルバー
ソニー (2006/03/03)
売り上げランキング: 25515

 職場で話題になり調べたところ、ずいぶん安くなっていた。同じソニーのHDR-UX1や HDR-SR1、キヤノンのHV10が出たせいだろう。ヨドバシカメラ秋葉原店でさえ、8万9800円。思わず購入してしまった。 15%付いたポイントで、256MBのメモリースティックPRO Duoと、 1mのHDMIケーブルを購入。コンポジットビデオと、D端子のケーブルは付属するのにHDMIは付属しないのだ。ないといえば、ソフトウェアが一つも付いてこないのには驚いた。編集するなら自前でそろえろということなのか、 VAIO買ってくださいということなのか。

 充電は例によって、本体にバッテリーをセットしてACアダプタから電源を供給する方法。マニュアルはB6で134ページだが、電源を入れているときにバッテリーの充電ができるのかできないのか、細かいところが書いてない。 HDVとDVの両方が使えて、結構多機能なのでしかたないのかもしれない。

 とりえあず撮り貯めた過去のテープは問題なく再生できるようだ。静止画はメモリー、動画はテープと、はっきり分業している。メモリーに動画を記録することはできないようだ。

    * 静止画撮影モードなら400万画素。
    * 動画撮影中なら3カットまで200万画素。
    * 再生しているテープの絵なら100万画素。

のデータが作れる。

 動画の方は25MbpsのMpeg-2データになる。ビットレートはDVと同じだが、 DVは時間軸圧縮をしていないのに対してMpeg-2は時間軸圧縮している。これでピクセル数にして4~5倍のデータを記録できるのだから、圧縮技術さまさまである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

体育祭

今日は娘の通う高校で体育祭が開催された。予報では雨で、実際朝のうちは雨模様。しかし9時くらいから天候が回復し、日差しの強い夏日になった。おかげでだいぶ日に焼けてしまった。

昨年同様、午前中で512MBのコンパクトフラッシュを使い切ってしまったが、今年はもう1枚持っていったので午後の部も少し撮れた。機材の方はEOS 10Dにシグマの18-200mm1本と最小限だったので、昨年ほどは疲れなかった。とはいえ記録メディアよりも先に私のほうの体力が尽きて、午後は早々に切り上げた。

その後夕方になってから豪雨になったが、既に競技は終わり閉会式をやっている最中に降り始めたとか。実にいいタイミングである。誰のおかげなんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

コニカミノルタも撤退

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0601/19/news047.html

コニカミノルタもカメラをやめるそうな。しかも、フィルムまで。コニカパンには散々お世話になったけど、時代だなあ。 αマウントはソニーが引き継ぐとか。ビデオカメラはともかく、一眼レフってソニーに作れるのかなあ。いや、むしろ画期的なEVFとかを作ってくれるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

ニコン、フィルムカメラ縮小

F6とFM10だけが残るのか。大判ニッコールも、ELニッコールも全滅。時代だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

D70sの露出

昨日やたらと暗く写ったのは、背景のスクリーンが反射率の高い代物だったから、のようだ。なまじマルチパターン測光なんかで、背景まで考慮しちゃうのが敗因かな。 +2の補正をかけたら、まあまあ見られる状態に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧